べっぴんさんあさやの店主浅田茂男のモデルは元田蓮!モトヤ靴店とは?

スポンサーリンク

「べっぴんさん」であさや靴店の
店主・浅田茂男(あさだしげお)
を演じるのは市村正親さん。

 

その実在モデルがモトヤ靴店の
元田蓮(もとだれん)さんです。

 

全国的にも有名だった
神戸で作られるハンドメイドの「神戸靴」。

 

惇子のために作った
オーダーメイドハイヒールが
ファミリア創業のきっかけになるなんて。

 

今回は元田蓮さんについて
私の見解も含めながらご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

元田蓮という人物

%e5%85%83%e7%94%b0%e8%93%ae%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f

ファミリアの創業メンバーと共に
写真の一番左に写っているのが元田蓮。

 

元田は靴職人として有名で、
八十八は好んで元田にオーダーメイドの
靴を発注していたようです。

 

八十八は人柄も良く仕事も丁寧な
元田のことを気に入り、
靴の納品に来た際は家に上げて
家族のように接していたそう。

 

そんな八十八の期待に応えるために
元田もまた抜かりない仕事をしていました。

 

八十八が人格者であったことは
よくわかりましたが、元田もまた
そのような人であったんですね。

 

佐々木家に関わる人々のことを知ると
本当に互いを思い合い誠心誠意
接する人たちばかりなことに驚きます。

 

一人くらい悪者はいないのか、とw

 

それだけ八十八の人柄に
周りが惚れ込んでいたのでしょう。

 

人は鏡だということを
皆よく理解していたのかもしれません。

 

惇子の嫁入り道具として
ハイヒールの発注を受けた元田は、
彼女の門出を心から祝い
これまでの感謝の気持ちも込めて
丁寧に靴を作ったそうです。

 

このハイヒールが、後に
惇子の人生を変えるきっかけとなります。

 

ファミリア創業のきっかけに

神戸大空襲で自宅を焼失し
戦後苦しい生活を送っていた惇子は、
身の回りの物を売ってなんとか
生活している状況でした。

 

そこで大切に保管していた
ハイヒールのことを思い出します。

 

それを持ってモトヤ靴店を訪れた
惇子は元田に売ってお金に
変えたい旨を伝えました。

 

しかし、その靴を見た元田は
惇子のために作った自信作を
売るのは嫌だと言い出します。

 

惇子の持ち物なんだからいいでしょ
と言いたくはなりますが、それだけ
元田には思い入れのある靴だったのです。

 

ましてや履く人の足の特徴や
サイズに合わせて丁寧に
作り込まれているオーダーメイド靴。

 

八十八の想いや自分の想いも
込めたその靴は、職人である元田
にとってお金に変えて欲しくない
ものだったのでしょう。

 

惇子もまた簡単に手放しはせず
これまで手元に残していましたが、
子供を養い家族が生きていくために
お金が必要でした。

 

二人は互いの気持ちがわかるからこそ
ここで黙り込んでしまったそう。

 

そして苦し紛れに始めた会話が
惇子や元田のその後を変えてしまうのです。

 

惇子がそのとき持っていた
布地のケースに目がいった元田は
どこで買ったのかと尋ねました。

 

惇子が身につけているものが
手作りだと知った元田は、
「こんな小物をいっぱい作って
売ってみたらどうですか?うちの
陳列ケースをお貸ししますから」
提案したのです。

 

そして1948年(昭和23年)、
モトヤ靴店の一角で惇子をはじめ
ファミリア創業メンバーの4人は
「ベビーショップ・モトヤ」をオープンします。

 

惇子は八十八や通夫の助言により、
手芸店でなく大ヶ瀬久子から学んだ
西洋式の育児法を生かした
ベビーショップを開店しました。

 

当時、闇市で粗悪な品が横行していた時代。

 

このあたりは「とと姉ちゃん」で
常子たちが紙を買うのに
闇市へ出かけていた場面などが
思い出されますね。

 

それとは対照的に惇子たちが
昔から大切に持っていた外国製の
上質な布や糸で手間をかけて
作られた子供服は飛ぶように
売れていき、大人気となったそうです。

 

しかし、経営を知らないお嬢様勘定は
利益がほぼ出ない安売り状態でした。

 

これに気づいた元田や
惇子の夫たちは、彼女たちの
商売を裏方でサポートしていったといいます。

 

後に、元田はファミリア設立の
きっかけを作った人物として
惇子たちから依頼され、
ファミリアの初代社長に就任します。

 

創業初期に内部で不正があり
その責任をとって自ら辞任していますが、
その後も死去する1962年(昭和37年)
までファミリアの監査役を務め
惇子たちを支え続けました。

 

演じるのは市村正親!

%e5%b8%82%e6%9d%91%e6%ad%a3%e8%a6%aa%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f

1949年生まれ、現在67歳の市村さん。

 

舞台やドラマ、映画、声優など
出演作は数知れず。

 

そして奥様は篠原涼子さんです。

 

%e7%af%a0%e5%8e%9f%e6%b6%bc%e5%ad%90%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f

 

私は「アンフェア」の頃から
篠原涼子さんのファンで、
篠原さんのようなカッコイイ
女性に憧れてました♪

 

市村さんとご結婚されたときは
かなりびっくりしましたよw

 

2005年当時市村さんが56歳、
篠原さんが32歳のときに
ご結婚されていますから、
干支が2周しちゃうことに驚きw

 

二人の出会いは2001年に
共演した舞台「ハムレット」

 

その頃市村さんは女優の
八重沢真美さんとご夫婦でしたが
2003年に離婚されています。

 

報道からも略奪婚と言われ
ヒヤヒヤしましたが、
今では2人のお子さんにも恵まれ
幸せそうで何よりです。

 

市村さんはキリッと厳しい役柄を
演じることの多い俳優さんですが、
家ではお子さんにデレデレのようですね。

 

そんな市村さんが演じる
あさやの店主・浅田茂男。

 

職人気質というかまぁ職人さん
なんですけど、靴へのこだわりを
持ってすみれに商売のきっかけを
与えてあげるところなんかは
市村さんの演技に対するこだわり
を感じることができそうです。

 

とってもピッタリな役だと思うんですよね。

 

今回の朝ドラの役者さんたちって、
元のモデルが想像しやすいというか。

 

ドラマはオリジナルなので
話が違うのは仕方ないんですが、
実在モデルの生き様をきちんと
役柄に投影されているような気がします。

 

安定感、安心感のある
市村さんの演技にも注目です♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

どうも、福岡県在住アラサーOLはづきちです! 当ブログにご訪問いただきありがとうございます。 朝ドラを見ながらまったり起床して、 日常でふと気になったことや 興味のあることのみブログに綴っています。 最近のティータイムのお気に入りはカモミール♪ 癒しを求めるお年頃でしょうか・・・w 気分屋でマイペースな性格なので 更新頻度にはバラつきがありますが、 同じように興味のある話題がありましたら 気軽にコメントいただけると嬉しいです♪