オクニョ役女優チンセヨンって誰?子役のチョンダビンもかわいい!

スポンサーリンク

こんにちは!はづきちです!

 

気分がノッてるので今日は続けて
オクニョの女優や子役について
書いていきたいと思います。

 

ドラマ初回から思っていたんですが、
子役の女の子がすごーく可愛いですよね。

 

本当に、愛らしい。

 

典獄署(チョノクソ)の花、
まさしく「獄中花」です!!

 

そして大人になったオクニョを
演じるチンセヨンさんも、今韓国で
大人気の女優さんなんだとか。

 

今回はこの2人について
書いていきたいと思います♪

 

スポンサーリンク

 

オクニョ役の女優や子役が可愛い!

 

今回のドラマでは、
典獄署(チョノクソ)=監獄とか
体探人(チェタミン)=密偵とか
また新しい単語を覚えました♪

 

私は韓流ドラマの中でも
歴史物が大好きで、
覚える単語も現代語じゃないもの
ばかりなんですよねw

 

日常で使えないw

 

さてさて、オクニョは典獄署
茶母(タモ)=使用人であります。

 

幼少期を演じたのは子役の
チョン・ダビンちゃん

 

こういう子を見ると、
後の成長が楽しみになります♪

 

もう少しチョン・ダビンちゃんの
活躍を見ていたかったな・・・
と思いましたが、母親に関係する
人物を探しながら大きくなっていきました。

 

いつもどの時点で大きくなるか
(洗濯しながらとか、走り回りながらとか)
楽しみにしてるんですが、
今回の「悩みうずくまりながら」
というのもまた斬新でしたw

 

ここから体探人になり、
散々な目に遭いましたよね〜

 

 

パク・テス師匠に体探人には
なるなって言われたやん!
と思いながらも、なってしまったら
まさかまさかの展開です。

 

ある程度展開が読めるのに、
引き込まれていくドラマの世界・・・

 

そして、あれこれあって
こんな姿になるようなんですが・・・

 

 

この展開って母親の形見の指輪が
関係してるんですよね??

 

ドラマのネタバレは最後まで
見ないでおこうと思っているので、
この辺で我慢しときます><

 

あー、早く続きが見たい!!

 

もっと詳しく知りたいという方は
ガイドブックを見てみると良いですよ♪

 

 

というわけで、続きが知りたいという
気持ちを堪えつつ主人公の
二人について知っていきましょう♪

 

■関連記事■オクニョのDVD発売日やレンタル開始についてはコチラ

 

チン・セヨンのプロフィールや出演作品をチェック

チン・セヨンさんは
1994年2月15日生まれの23歳。

 

身長167cmで体重は44kg
なんて、モデル出身なんでしょうか?

 

現在、中央大学校演劇映画学科
に在学中なんだそうですよ。

 

彼女のデビューは2009年。

 

デビューしてまだ10年も
経っていない女優さんですが、
韓国では彼女の笑顔に
癒されている人が続出中のよう。

 

そして日本でも、
オクニョファンが増えそうな予感です♪

 

彼女が出演している
有名な作品といえば、
韓国で2012年に放送された
「蒼のピアニスト」

 

チ・チャンウクさん&チュ・ジフンさん
という二人のイケメン俳優に
愛されるホン・ダミという役を演じました。

 

 

って、調べながら
「あぁ、この子か!」と気づいた私ww

 

兄弟と母親のドロドロ関係ばかり
に目がいっちゃう作品でしたが
どハマりして見てましたねw

 

他にも「大丈夫、パパの娘だから」
「チャクペ-相棒」「私の娘 コンニム」
「クラブ・ビリティスの娘たち」
「カクシタル」「感激時代〜闘神の誕生」
「ドクター異邦人」「愛の言葉」など
様々な作品に出演されています。

 

年々物語の重要な役柄で
起用されている気がしますね。

 

性格も素直で愛らしいようで、
幼少期を演じたチョン・ダビンちゃんが
そのまま大きくなったような印象です。

 

チン・セヨンさんの出演作品は
こちらで無料視聴できるものもあるので
是非チェックしてみてください↓↓↓

「蒼のピアニスト」他動画を無料視聴する

 

チョン・ダビンのプロフィールや出演作品をチェック

お目目ぱっちりで可愛い
チョン・ダビンちゃん。

 

子役・・・とはいっても調べてみると
2000年4月25日生まれの17歳でした。

 

私は「オクニョ」で初めて
知ったんですが、彼女は子役として
2003年から(もっと前かも?)
活動しているので芸歴からすると
チン・セヨンさんよりも長いよう。

 

韓国では「アイスクリーム少女」
として有名なんだとか。

 

 

こちらは2003年のチョン・ダビンちゃん。

 

天使のように可愛いこの姿は
「31アイスクリーム」のCMモデル
として起用されたときのものだそう。

 

その後子役として
映画やドラマに出演し、
幼いながらに優れた演技力で
周りを驚かせていたようですよ。

 

くりくりとした大きな瞳は、
幼い頃から彼女の
チャームポイントだったんですね。

 

 

ちなみに若くして亡くなった
同名の女優「チョン・ダビン」さんの
情報が混同しているようで、
彼女に何かあったのかと
不安になる人も多いようです。

 

が、チョン・ダビンちゃんは
元気に活躍中なので
心配しなくて大丈夫。

 

こういう子役の活躍を見ると
トンイの子役キム・ユジョンちゃん
思い出しますね。

 

あの子もこんなに大きくなって・・・

 

 

美少女すぎる・・・!!!

 

韓国の10代若手女優さん、
まだまだ知らない子たち
ばかりな気がしますが、
実は何かのドラマで見ていた
ってパターンが多いような気もします。

 

チョン・ダビンちゃんの話に戻すと、
彼女も「大きくなったな〜」
と思う人の方が多いんでしょうね。

 

ちなみにチョン・ダビンちゃんの
出演作品はこちら。

 

「manny」「彼女はキレイだった」
「逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-」
「ダイヤモンドの涙」「めっちゃ大好き!」
「恋するハイエナ」「ワンダフルライフ」
「美しき人生」「家族を守れ」
「愛は簡単じゃない」「猟奇的な彼女」
「愛は歌に乗って」「愛してる」
「抱きしめたい~ロマンスが必要~」
「純情に惚れる」「根の深い木」
「ミス・リプリー」「風の国」
「スターの恋人」「総理と私」
「一枝梅(イルジメ)」「オクニョ」
「彼女はキレイだった」
「サイン」「瑠璃<ガラス>の仮面」
「おバカちゃん注意報」「大王の夢」

 

うん、絶対どこかで見てるw

 

これからの彼女の活躍にも期待大ですね!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

どうも、福岡県在住アラサーOLはづきちです! 当ブログにご訪問いただきありがとうございます。 朝ドラを見ながらまったり起床して、 日常でふと気になったことや 興味のあることのみブログに綴っています。 最近のティータイムのお気に入りはカモミール♪ 癒しを求めるお年頃でしょうか・・・w 気分屋でマイペースな性格なので 更新頻度にはバラつきがありますが、 同じように興味のある話題がありましたら 気軽にコメントいただけると嬉しいです♪